ブログトップ

ブリキ缶建造記

ddminekaze.exblog.jp

主に1/700艦船模型の制作記録

カテゴリ:初春1933( 10 )

艦尾旗竿に軍艦旗を付けて、ようやく完成しました。
模型は1933年8月の“新造時状態”となります。船体にバルジの付いた“就役時状態”は、同年9月です。
新造時ですので汚し塗装は行っておりません。
e0198074_10501243.jpg

e0198074_10503215.jpg

数ある日本海軍駆逐艦のなかでは最も重厚特異な艦容で、模型映えします。
今回は背景紙を白にしてみました。模型が暗めに写ってしまいなんだかイマイチな印象…。
以前のような青い海面ベースで撮影すると青カブリが気になりますので悩ましいところです。
e0198074_10511959.jpg

就役前なのに駆逐隊番号が書かれているのも変な感じですが、バルジの無い新造時停泊状態の「子日」の写真では書かれておりますね。
e0198074_1053854.jpg

前檣はもう少し低く作成するべきでした…。少々バランスが悪いです。
e0198074_10535066.jpg

主砲の砲口はキャンバスに覆われた状態として、白く塗りました。
艦尾側の実艦写真は残されておらず不明部分が多いです。装填演習砲など、独自の解釈で部品を付けたところもあります。
e0198074_10553132.jpg

戦前の艦艇写真では、白いローマ数字(昭和初期にアラビア数字に変更されたようです)で書かれた喫水標が意外と目立ちます。
模型では小さすぎて点状にしか塗れませんが、良いアクセントになると思います。
e0198074_10561371.jpg


今回の制作テーマというか、個人的にこだわったところ。

 ・キットに同梱のエッチングパーツを使用しない(使用キットはエッチング付き限定版)。
 ・キット付属のデカールを使わず、艦名表記は手書きする。
 ・マスキングテープを一切使わず、塗装の細部塗り分けを行う。

もちろん、これらを使ったほうが制作に便利で効率的なのは承知しております。
メーカーがせっかく用意してくれたのに使わないのはもったいない、という意見もあるでしょう。
しかし、あえて使わないという選択肢もアリではないだろうか、と考える次第。
エッチング無しの通常版キットが後から発売されることを事前に知っていれば、本当は安価な通常版を購入したかったのですが…。

模型の細部考証的には、少ない実艦写真から判別可能なキットの修整点を直していなかったり、当時の「初春」と「子日」の相違点を再現しきれていない点がいくつかあります。
詳しい方がご覧になると突っ込み所が多いと思われますが、素人のつたない制作品ですのでご容赦願います。
[PR]
by minekaze1920 | 2012-10-13 11:02 | 初春1933
■短艇の取り付け

▼キット組立説明書の取り付け指示とは異なりますが、手持ちの資料によると「初春」の新造時は画像のようになります。
右舷側:7mカッター×1、7.5m内火艇×2
e0198074_17171836.jpg

左舷側:7mカッター×1、6m通船×1
e0198074_17174681.jpg

カッターと内火艇、ボートダビットは、キット付属のリニューアルパーツを使用。6m通船はキットの部品です。
ちなみに、リニューアルパーツの部品名には“7m内火艇”とありますが、駆逐艦に搭載された内火艇に7m型は存在しませんので、正確には7.5m型です。

▼右舷側のカッター用ボートダビットはラジアル型で、外舷に付く形状です。甲板上にはプラ板で架台を追加しています。
左舷側はラッフィング型ボートダビットで、模型では振り出した状態を再現しています。
e0198074_17181712.jpg


■毘式40mm単装機銃について

最近になってようやく、グランプリ出版の『軍艦メカニズム図鑑 日本の駆逐艦』を入手いたしました(定価の倍近くしましたが…汗)。
これによりますと、「初春」型と「有明」型では毘式40mm単装機銃の銃架型式が異なるようです。恥ずかしながら、この機銃にいくつかの型式が存在することを今まで知りませんでした。

以前制作した「白露1942」では、「有明」の図面などを参考に機銃をディテールアップしました。今回の「初春1933」ではシンプルな形状とし、違いを表現しました。
e0198074_17205066.jpg


さて、まだ付けていない部品や塗装の細かい修整が若干残っておりますので、もう少し完成までには時間がかかりそうです。
[PR]
by minekaze1920 | 2012-10-06 17:25 | 初春1933
■伝声管の取り付け

▼伝声管の素材は伸ばしランナーです。曲げ角度の調整にちょっと失敗してしまいましたが…。
左舷後部のスキッドビームは、プラ材を組み合わせて自作しました。
e0198074_14374939.jpg


■前檣の組み付け

▼伸ばしランナーと金属線を組み合わせて作成。
1/700で駆逐艦の三脚檣を自作する際は、前後左右の接着角度調整で毎回苦労しています。今回も時間が非常にかかりました。
e0198074_1438212.jpg

e0198074_14384215.jpg

今回は前檣の主柱中段ほどに付いている「識別信号灯」というものを再現してみました。
字のごとく夜間の個艦識別用途の信号灯ではないかと想像しますが、詳しいことはよくわかりません。
なお、「初春」の見張台(見張所)は、新造時と性能改善工事後では形状が異なっています。


■後檣の組み付け

▼後檣は伸ばしランナーとプラペーパーの細切りを組み合わせて作成しています。
左前方にあるループアンテナはジョー・ワールド製の汎用エッチングパーツを使用しています。
e0198074_14421133.jpg

マスト部材寸法や高さは、岩重多四郎著『日本海軍小艦艇ビジュアルガイド 駆逐艦編』45頁の掲載図面を参考にしています。ただ、この図では実艦写真の印象と比較して、前檣が高く逆に後檣が低く描かれているような感じです(あくまでも私の主観です)ので、模型では高さの微調整をしています。

個人的にマストの作成において留意していることは、実艦写真を参考にして部材の太さのメリハリを付けることです。
駆逐艦の前檣では「信号斜め桁」がとても細いです。私は大抵0.1mm径の金属線を用いていますが、これでも1/700スケールでは太いくらいです。張り線を最初から施さないつもりなので、素材強度を度外視して出来るだけ細く再現しています。仮に空中線を付けるとなると、全体的にもう少し太めの金属線で作り直さないといけませんね。張り線を施して作品を完成させているモデラー様は、素材強度と見映えの兼ね合いでマスト作成に苦労されておられるのではないかと思います。

さて、このブログを開設してから早二年が経過しました。
本家サイトのほうはしばらく放置しており申し訳ありません。そろそろ潮時かなぁ…とも思ったりしておりますが、無理せずマイペースで更新していくつもりです。
[PR]
by minekaze1920 | 2012-09-17 14:49 | 初春1933
■細部艤装品の取り付け

▼現状。前回の更新画像と比較してあまり変わり映えしていませんが…。
e0198074_2004345.jpg


以下、詳細の解説。
e0198074_201727.jpg

一番砲砲身の下に付く「俯角制限枠」は、手すり用エッチングパーツを適当に曲げ加工したものです。
砲身は水平ではなく若干仰角をつけて接着固定しています。

キットでは艦首側の「絡車」が何故か省略されています。艦尾側はカマボコ状にモールド再現されておりますが。
詳細な図面がなく正確な配置と数が不明のため、模型ではプラ材で自作したものを推測で艦首側に3つ取り付けました。

e0198074_202951.jpg

後部構造物上に付く「測距儀塔(正式な名称はわかりません…)」は、キットの該当部品が実艦写真と比較して全く異なる形状でしたので、上細の角柱形状として(実艦写真では円柱形状のように見えなくも無いですが…)プラ材などで自作しました。模型では1mm程度高過ぎてしまいました(汗)。
キセル型給気筒や側面の排気筒なども省略されておりますので、プラ材でそれらしく追加再現しています。

e0198074_2032648.jpg

スキッドビームはキットのプラ部品を使用していますが、測距儀塔の接合部分で一部切除しました。
キット純正エッチングパーツのスキッドビーム部品を使う場合は要注意ですね。

後部構造物右舷側の張り出しは、3番連管を取り付けてみたところ、“ここに張り出しがないと魚雷操作員の出入りが不便だな”と気付き、慌ててプラ板でそれらしく追加しました。

う~む、考証というか、乗組員が甲板や構造物のどの辺りを通行するのか想像しながら模型を制作するのは楽しくもあり、また難しいものですね。
[PR]
by minekaze1920 | 2012-08-19 20:06 | 初春1933
■舷側艦名表記を手書きする

キットには素晴らしい品質のデカールが付属しておりますが、そのまま模型に貼り付けると何となく雰囲気が合わない感じがしたので、あえて手書きすることにしました。

▼デカールと見比べながら臨書すれば良いので、文字間隔のバランス調整は容易でした。最初の一筆はライトグレイを使いこれ位薄く塗っています。
e0198074_17252855.jpg

▼もう少し修整する必要がありますが、だいたいこんな感じですね。
e0198074_1726692.jpg

e0198074_17264378.jpg


戦前の駆逐艦模型を制作&コレクションする際に、以前から悩んでいたのが“舷側艦名表記をどう表現するか”でした。

ウォーターラインシリーズの駆逐艦キットの場合、艦名文字デカールが付属していない商品もありますし、初期開発キットのなかには書体が変なものも見受けられます。
ピットロード製キットの多くは同型艦の艦名デカールまで用意されていて便利ですけれども、駆逐隊番号がオーバースケールだったり、経年で黄ばみやすかったりするので、ちょっと扱いにくいところがあります。

で、これらの問題を解決するにはやっぱり「手書き」しかないだろう…ということです。
私のように模型全体を筆塗りして仕上げていると、デカールだけ浮いて見えてしまい違和感があるんですよね。
シルバリングとか、デカール表面の光沢や縁の段差の問題もあったりします。
つや消しのトップコートを吹けばいいんじゃないの? という疑問のある方もいらっしゃると思いますが、そもそも当初から吹き付け塗装が出来る制作環境であれば、ここまで筆塗り塗装にこだわることもない訳で…(苦笑)。

手書きをマスターできれば、同型艦デカールのないキットでも好きな艦の戦前状態を制作できる、という目論見もあります。そういう意味で、今回の「初春」はまだまだ習作レベルです。


■40mm単装機銃台座の自作

▼キットの機銃台座部品は、性能改善工事後の平面形状ですので、新造時とするにはちょっと…。
おまけにブルワーク(実艦の手すり+キャンバス張りを模したものと思われる)がやけに分厚いです。
e0198074_1729181.jpg

▼機銃台座自作の簡便法。
以前ここで紹介した本に1/700原寸図が掲載されておりましたので、ドラフティングテープを該当部分に直接貼って形状をトレースし、その後0.3mm厚プラ板に貼り直して切り出しました。
e0198074_17295618.jpg

▼機銃台座の支柱は1.0mm径のプラ棒を使用しました。滑り止めの表現は諦めました。
e0198074_1732054.jpg



■主砲の取り付け

▼実艦写真でも確認できる「俯角制限枠」の取り付けが未了のため、まだ一番砲の砲身部品は接着していません。
e0198074_17323435.jpg

艦橋直前に存在する通風筒は、キットでは小さなキセル型形状の部品が用意されております。
新造時の「子日」の写真ではキセル型形状の通風筒が確認できますので、「子日」を制作する場合は特に問題ありません。
「初春」では就役後の左舷前方よりの写真のみですが、艦橋前にキセル型形状の通風筒は確認できませんでした。
日本海軍の駆逐艦では、同型艦でも通風筒の形状や配置を変更する場合が少なからずありますので、「初春」「子日」もそうであっただろうと勝手に推測し、模型ではキノコ型形状としました。
[PR]
by minekaze1920 | 2012-08-05 17:43 | 初春1933
■上部構造物の組み付け

艦橋構造物や煙突基部部品などを船体に取り付けました。
e0198074_2003073.jpg

画像で拡大して改めて見ると、艦橋窓枠や甲板の塗り分けの粗さが目立ちますね。
現物が小さい模型なので、肉眼で眺めるとあまり気にならないのですが…。
また、今回は喫水線の塗り分けにマスキングテープを使用せずフリーハンドで塗装しています。ヨレヨレなのはそのためです。
e0198074_2013631.jpg

キットの魚雷発射管部品は、嬉しいことに魚雷が装填された状態を再現しています。
模型は新造時状態であり1933年という年代を考慮して、魚雷頭部を訓練用と想定して赤く塗りました。

2番連管(魚雷発射管)の直前に接着指示のある通風筒部品(B18)は、取り付けませんでした。代わりに適当なプラ材を穴埋めとして該当部分に接着しています。
この部品は艦船模型雑誌『艦船模型スペシャル NO.41』の「初春」型駆逐艦作例記事内でも少し触れられていましたが、仮組してみると2番連管と干渉してしまいますね。また、取り付けする箇所に対して部品自体の横幅が何故か不足(成型不良?)しておりました。

後部構造物部品に関しては、若干背が高いようですが、修整せずキットの部品のままです。
組み立てやすさに配慮してか、構造物側壁部品の上下左右を間違わぬよう、部品の接着面に意図的に段差を設けて成型されています。それが災いして部品の勘合精度を悪くしているように見受けられました。部品の抜き勾配をきちんと考慮しないで設計したような感じ…でしょうかね? 部品のエッジもところどころ甘く、基本工作で少々手がかかる部分でした。
[PR]
by minekaze1920 | 2012-07-23 20:04 | 初春1933
■船体の塗装

▼先月下旬からちまちまと塗装しており、ようやく8割程度完了しました。
e0198074_21505462.jpg

e0198074_21513228.jpg

船体色にはタミヤアクリルXF-75 呉海軍工廠グレイを使用。実艦は佐世保工廠で建造されましたが、模型で佐世保工廠グレイをそのまま使用すると暗すぎる印象なので、あえて呉工廠グレイを使いました。
リノリウム甲板部分は同XF-79 リノリウム甲板色、リノリウム押さえ金具のモールド部分は同XF-57 バフを使いました。
魚雷運搬軌条の塗装は、凸モールドの側面をXF-69 NATOブラックで薄く塗った後、上面を呉海軍工廠グレイにて塗り重ねています。

リノリウム押さえ金具部分や魚雷運搬軌条部分の塗装は、面相筆によるフリーハンド描線です。技量不足のため多少ふらつきが見られます…。筆塗りでマスキングテープを使用するとかえって失敗しやすいため、細部の塗り分けはいつもフリーハンドで行っておりますが、なかなか難しいところです(それがまた楽しいところ!)。

個人的にリノリウム押さえ金具の塗装表現にこだわりはありません。というより、こだわりたくない部分です。今回はキットにしっかりしたモールドが施されていたので、あえて塗装で塗り分けましたが、開発年代の古いキットなどでモールドが無いような場合は、別にそのままでも構わないというか。
その理由は、リノリウム甲板が写っている実艦写真を見てもわかるように、押さえ金具は横方向のみならず、上部構造物や甲板艤装品との境界にも施工されているためです。1/700の模型でこれらをきちんと再現するのはとても困難ですので省略するのが普通ですが、1/350以上の大きい模型を制作する際は留意したいポイントでしょう。

▼数年前に偶然ネット上で拾った画像ですので原典は不明(68K本?)ですが、恐らく水雷艇「千鳥」型の船首楼甲板を艦橋上から撮影したものと思われます。小艦艇のリノリウム甲板の状況がよくわかる写真ですので掲載してみます。
e0198074_21562141.jpg

乗組員の足と比較してリノリウム押さえ金具の細さがわかります。甲板上にある丸窓(天窓)の周囲にも押さえ金具があります。また、手前に写っている甲板要具箱(弾薬箱かな?)は甲板にベタ置きではなく、四隅に台座らしきものの存在が確認でき、非常に興味深いところです。もちろん、12cm砲の詳細を知るうえでも貴重な写真ですね。

▼艦橋構造物も塗装中。これもまだ8割程度の進捗です。
窓枠部分は大雑把に塗り分けただけで、今後きっちりと塗り分けるつもり。
e0198074_215753.jpg

個人的には、艦橋前のシェルター甲板はリノリウム張りのほうがしっくりきます。残念ながら実艦での状態はよくわかりませんが…。
そういえば、同様に艦橋前にシェルター甲板を有する軽巡「夕張」や「阿賀野」型もリノリウム張りですね。だから新造時の「初春」「子日」もこの部分はリノリウム張り、と考えるのは牽強付会ですけれども…。
[PR]
by minekaze1920 | 2012-07-07 21:59 | 初春1933
■艦橋の組立

艦橋窓枠のモールドを削り落として、一部プラペーパーを貼ってディテールを追加しました。
窓枠部分は塗装で表現する予定です。
e0198074_22573283.jpg

二番砲と艦橋構造物間にあるシェルターデッキ上は、私の独断と偏見でリノリウム張りと推測し、押さえ金具を伸ばしランナーで再現しています。
この部分に関して、組立説明書ではリノリウムの塗装指示はされておりませんし、模型誌等の作例の多くもリノリウム張りを再現していませんが…。
e0198074_22581284.jpg

アオシマのリニューアルキットに見受けられる水密扉のモールド表現は、個人的にどうも好きになれません。
メーカーの癖というか、模型的なデフォルメなのでしょうけれども…。
ディテール重視ならば市販のエッチングパーツ使用が良いですが、私自身はそれほど細部にこだわっておりませんので、元のモールドを削り落としてプラペーパーを貼り付けただけです。

本日は以上です。
[PR]
by minekaze1920 | 2012-06-17 23:01 | 初春1933
■主砲の組立

キットの主砲部品は、スライド金型を使って側面にも細かいモールドが施されています。
アオシマ頑張ったな、と言いたいところですが、連装砲(一番砲・三番砲)部品は基本形状に問題があります。
e0198074_19285212.jpg

実艦の砲塔シールド下端は水平なのですが、キットの部品は前後に反り上がった形状です。何故…。
他に細かい点を挙げると、照準室天蓋の形状が角張り過ぎ。1933年新造時状態の場合は、前面部に施されている補強材のモールドは不要です。

ということで、連装砲に関してはキットの部品使用は諦めて、代わりにピットロード製の特型駆逐艦キット部品を使用することにしました。単装砲はキットの部品を使用します。

▼部品を並べてみると形状が微妙に異なることがわかります。一長一短ですので、部品選択は制作者の好みの問題かもしれません。画像左がアオシマキット、右がピットロード製の部品。
e0198074_19301940.jpg

「初春」型4隻(「有明」「夕暮」は除く)と、特型の「綾波」型と「暁」型は、新造時には“12.7cm連装砲塔B型”が搭載されていました。後の改修工事でどちらも“B型改2”に変更されています。
なお、正式には“50口径三年式十二糎七砲(塔)”と呼称するようですが、こちらは模型ブログですので、より一般的な“12.7cm砲”または“12.7cm連装砲塔”と呼ぶことをあらかじめお断りしておきます。

▼砲塔側面の窓蓋を、プラペーパーの細切りで再現しています。
部品そのままですと船体の取付台座に合いませんので、あらかじめ内側に「接着しろ」をプラ材で追加しておきます。
e0198074_19324613.jpg


▼バランス確認のため船体に仮組。見るからにトップヘビーですね…。
e0198074_19332879.jpg


■甲板の艤装品

▼船首楼甲板や上甲板の外周にある「スパンウォーター」を、伸ばしランナーで再現しています。ボラード周辺にも追加しています。これは部品の継ぎ目を隠すためとディテールアップの両方を兼ねており、リノリウム甲板の塗装時に塗り分けを容易にする効果もあります。
e0198074_19335411.jpg

所々にある白いものはプラペーパーの細切りで、排水用の樋に見立てたもの。配置は『艦船模型スペシャル NO.25』掲載の艦形図を参考にしました。
また、省略されている艦尾の昇降ハッチをプラ板で追加しました。
[PR]
by minekaze1920 | 2012-05-27 19:37 | 初春1933
「初春」型一等駆逐艦「初春1933」を制作開始しました。アオシマが2010年暮に発売したキットです。
e0198074_19553723.jpg

純正エッチングパーツ同梱の限定版キットですけれども、エッチングパーツをなるべく使わない方針で制作します(もったいないですが…)。
キットの船体部品を見ると舷側にバルジがありませんので、素組みすると“就役時”ではなく“新造時”の状態になります。


■船体の組立

まずは船体の組立です。
全般的に部品の勘合精度は微妙な感じですね。
キットの個体差があるのかもしれませんが、パチピタとはいきませんでした。

▼船首楼甲板部品と船体部品の接合部の一部に、隙間がやや目立ちます。
ここはパテで埋めても良さそうですが、後の整形処理がやり難く思えたので、隙間を隠すようにプラペーパーを貼って簡単に処理しました。
e0198074_19555936.jpg

▼キットに施されている舷側の外板継ぎ目と思われる凸モールドと、舷窓の庇モールドは大げさなので全て削り落としました。画像は修正後の状態です。
e0198074_19572384.jpg

▼残念ながら修正前の写真は撮っておりませんので、代わりの参考画像として「初春1941」キットの船体部品です。
e0198074_19575472.jpg

フジミ製「白露」の制作中にも感じたことなのですが、1/700の駆逐艦模型の場合、舷窓の庇モールドは不要! と個人的に強く思います。
細部モールドは無いよりも有ったほうが当然模型映えがします。しかしながらキットのモールドは余りにも太過ぎで野暮ったい成型です。できればヘアライン状の極細彫刻が望ましいところ。
また、日本海軍艦艇の多くは左舷と右舷で舷窓の配置・数が若干異なっております。しかし、1/700のキットでは大抵、左右同位置に舷窓モールドが彫られています(右舷側基準の公式図に準拠してキットを設計するため、これはやむをえないでしょう)。
実艦同様の舷窓配置にこだわって追加修正した場合、もともと部品に庇モールドが存在するとモールドの整合性に悩んでしまいます。庇を一部自作するか、全て自作するか、または元のモールドを全削除するか…。

外板の継ぎ目についても同様で、キットのモールドは模型的なデフォルメとはいえ、不自然過ぎる太さです。
駆逐艦は船体舷側外板の厚みが艦首尾で数ミリメートル、中央部の厚いところでも十数ミリメートルしかありません。“ブリキ缶(艦)”と呼ばれるゆえんです。ですから継ぎ目の段差の厚みもそれなりです。

また、「初春」型の新造時の写真を仔細に見るとわかりますが、リベット重量軽減のために電気溶接を多用して建造されており、船体舷側外板の継ぎ目付近は溶接で少し盛り上がった状態になっています。大型艦の模型制作では定番といえる、サーフェイサーの厚吹きによる外板の段差表現は行わないほうが良いでしょう。

▼上甲板部品にあるスキッドビーム取り付け用のダボ穴をパテ埋め。
キットのスキッドビーム部品を接着する際、こうしておいたほうが隙間なく接着できそうな感じでしたので…。
魚雷運搬軌条の一部が途切れてしまっているので、プラペーパーの細切りで再生しました。
e0198074_2022868.jpg

▼艦尾両舷側にある繋船桁を伸ばしランナーで再現しました。
キットでは何故か凹モールドで表現されていました…。
e0198074_2032159.jpg

[PR]
by minekaze1920 | 2012-05-16 20:06 | 初春1933