ブログトップ

ブリキ缶建造記

ddminekaze.exblog.jp

主に1/700艦船模型の制作記録

軽巡香椎1941 その七

■後部艦橋構造物の組立と塗装

今月の進捗状況です。
後部艦橋構造物、高角砲指揮所の床材は、リノリウム張りと判断し塗装しました。前部の艦橋構造物は3層ともリノリウムが敷かれているのに後部は全く無い、というのは模型の見映え的にバランスを欠いているように感じられました。実艦の資料に基づく明確な根拠によっての判断ではありませんので、あしからず。
e0198074_19451268.jpg

e0198074_19463395.jpg

不覚にも、制作中に高射装置部品(部品番号:B22)を紛失してしまったため、直径の合う適当なランナー(湯口部分)を加工接着してごまかしております。(^^;
高射装置の天蓋はキャンバス張りだったようですので、白く塗装しています。

前部艦橋下部側の張り出し支柱は、エッチングパーツに置き換えるかキットのプラパーツのままにするかで、しばらく悩みました。高さの微調整や接着の容易さから、プラ部品を使用しました。後部艦橋側の支柱は、後から追加します。

結局、今月も完成には程遠く、あまり進捗しませんでした。部品を紛失したり塗装が上手くいかなかったりして、モチベーションが低下してしまったのが原因でしょうか……。
[PR]
by minekaze1920 | 2014-03-30 19:50 | 軽巡香椎1941(中断)