ブログトップ

ブリキ缶建造記

ddminekaze.exblog.jp

主に1/700艦船模型の制作記録

船体と上部構造物の塗装

▼現状。船体色にはXF-54 ダークシーグレイを使用しています。
肉眼では良い感じの色調なんですが、写真では暗目になってしまいますね。
e0198074_22342568.jpg

構造物内壁は白サフを塗った後、アクリルガッシュのホワイトを塗り重ねています。
最上甲板(?)はリノリウム張りと推測し、レッドブラウンで塗装しました。

▼キットでは艦首舷側にあるベルマウスが省略されていますので、追加工作しました。
制作する模型の設定年時(昭和12年頃)では、まだ御紋章取付板が増高されていないと思われますので、ベルマウスの位置も低い状態のままです。
なお、錨甲板部品(D4)に主錨がモールドされておりますので、停泊中の状態を再現する際は主錨を削り取る必要があります。
e0198074_22351051.jpg

▼ベルマウスに使用した素材は、ウォーターラインシリーズのリニューアルパーツランナーにある刻印(数字の"9")を利用したものです。
実物は1mm程度の小さなものです。
e0198074_22354063.jpg

▼最上甲板と上甲板をつなぐ昇降ラッタルは、駆逐艦「峯風」制作中に上構部品から切除したモールドを再利用しました。
ここはエッチングパーツでも良さそうですけど、実艦写真を見ると結構ごつい印象がありましたので…。
貧乏性なもので、使えそうなプラくずなどはなるべく捨てずに、ディテールアップ用途に利用しております(苦笑)。
e0198074_22361527.jpg

[PR]
by minekaze1920 | 2011-10-05 22:37 | 「勢多」型砲艦