ブログトップ

ブリキ缶建造記

ddminekaze.exblog.jp

主に1/700艦船模型の制作記録

島風1943 その二

e0198074_18174933.jpg

艦首部分詳細。
細部艤装品の取り付けにあたっては、光人社刊『図解 日本の駆逐艦』のイラストや図面を参考にしています。というか、「島風」に関して詳細が判別できる資料はこれ位しか手元にありません…。実艦写真では、有名な全力公試中のものと沈没直前のものくらいでしょうか。

艦首フェアリーダーはプラ材を加工したもので、両舷に付くフェアリーダーはジョー・ワールドのエッチングパーツです。
キットのアンカーチェーンのモールドはとても繊細で、模型的メリハリに欠ける印象があるものの、1/700スケールでは適切な太さですので、下手にいじらずそのままとしております。
甲板外周のスパンウォーターを極細の伸ばしランナーで追加しています。これを追加しておくと、塗装時の塗り分けが非常に楽になります。
リノリウム押さえ金具の表現は、軽くけがいただけです。

e0198074_1819427.jpg

艦尾部分詳細。
キットはもともと1944年時の設定ですので、艦尾甲板には爆雷投下軌条がモールドされています。1943年時の場合、爆雷投下軌条の代わりに爆雷投下台が存在します。爆雷投下軌条のモールドを削り爆雷投下台をプラ材で再現します。エバーグリーン製のプラ棒「チャンネル 1.5mm幅」(断面が凹状の棒材)を使用しています。これは爆雷を装填していない状態です。
ちなみに艦首尾のフェアリーダーも、「チャンネル 1.5mm幅」のプラ棒を半割して加工したものです。

舷外電路はキットの船体部品にモールドされていますが、電路押さえの間隔が広すぎて実感に欠けます。一旦削った後、0.3mm径位の伸ばしランナーを使用して付け直しています。
「島風」の舷外電路の詳細は資料不足でよく分かりませんが、恐らく「夕雲型」「秋月型」と同様、キャプタイヤ線を数本束ねたもので電路押さえの間隔が狭いタイプではないかと考えます。なお、開戦直前の出師準備で舷外電路を装着した駆逐艦(「陽炎型」以前)は、鋼製または木製のカバー付きで電路押さえの間隔が広いタイプがほとんどです。

本日はここまで。
[PR]
by minekaze1920 | 2010-09-18 18:23 | 島風1943